FC2ブログ
 
  スポンサーサイト  
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  初体験  
2008.03.04.Tue / 23:27 
今日の記事は...
すごく嫌いな方もいらっしゃるかと思いますので、
興味のある方だけお読みください。

ちなみに...「霊視」のお話です。

あ!別に宗教じみてたり、怪しい壷を売りつけたりはしませんよ!!



霊視...
こう言うとちょっとおどろおどろしい...

流行と言っちゃぁなんですが、江原さんとか、いわゆる“スピリチュアルカウンセリング”って
やつが世の中でいろいろ取り上げられているじゃないですか。
結構ずっと気になっていたんです。

でもたいていがなかなかの高額でして、
しかもモノがモノだけになかなか手を出しにくい。
やっぱりどうにも怪しそうなやつとか多いし、
だからと言って安ければ安いでうさんくさい...
変な催眠術とかかけられたくないしね。
(そんなに警戒するならやめとけってことでけど...

でも、先日偶然にも知り合いから教えていただいたんです!
とってもいい方で、後ろ向きなことを言わないし、あやふやなことを
無理やりこじつけて話したりしない、霊視のできる人がいるって。
しかもお安いって。

紹介してくださった知り合いの方とも、ひょんなことでご一緒する機会を持ち、
今まで何度もお会いしていたのに、そのとき初めて
占いとか霊視とかのお話をしたんですよ。どちらからともなく。
こんなことがあると“これもきっと必然だったのね”なんて
思ってしまいがちだけれども...


で、で、早速アポを取りました。

で、で、で、早速行って来ました。

Sさんという女性の方でした。
お知り合いのお店の2階のお部屋を借りて、
週何回かだけ、しかも口コミだけで紹介された人だけを視てらっしゃいます。
それを職業としてはいらっしゃらなく、
初めはホントにお友達だけを視ていたそうです。

うやうやしいというか、怪しげに飾られたような場所でもなく、
ホントにあまりにも普通の、店舗の2階の部屋という感じで、
そこにテーブルと椅子があって、
あとはネコちゃんがいるだけです。

「なにについて聞きたいですか?」
と、お茶を飲みながら、まるで雑談のように始まりました。
何からどう聞いたらいいんだろう....とちょっと迷いつつも、
まず、どうしても気になっていた、Rのことを聞いてみました。
動物のことまでわかるのかしら...?とも思ったのですが。

Rが幸せだと思っていてくれたのか、
今もなお苦しんでいたりしないか...
それが気がかりで。

そうしたら、Sさんはちょっと考えて...(考えるというか、なんか念じているというか...)
「Rくんは、未練を残しているとか、そんなことは無いみたいですよ。
ちゃんと成仏してると思います。恨んでいたりとかも無いです。
それよりも、Uたんさんがものすごく落胆している姿が見えます」
ということでした。

私が膝から崩れ落ち、暗い部屋に座り込んでいる姿だけが見えたそうです。

確かに、今から2週間くらい前のことだったんですが、
Rのことでかなり落ち込んでいました。
ただ、ちょっとは持ち直したかなぁって思っていたんです。
でもどうやらさっぱりだったみたいで...

「それと、今日Uたんさんにお会いする前から、ずーっと、“お経を読んで”って
言ってるんです。何のことだか分からなかったんですけど、
そういうことだったんですね。」と。
Sさんは宗教にも詳しくないし、お経といってもどんなのがあるのか分からないので、
問いかけてくれたらしく、“般若心経”と返ってきたと教えてくれました。
でもそれはRが読んで欲しくて言っているのではなく、
私のために読めと言っているんだとか。

そんなこと思ってもみなかった...
お経かぁ...
ちょっとびっくりでした。
Rがそんなことを言っているなんて。

そんな話をしていたら、Sさんが「あの、もしかしてケージとか、Rくんのものを今も
そのままにしてありますか?」と聞いてきました。
そのままだと答えると、
「今ね、“もういいよ”って。“もう片付けていいよ”って言ってきましたよ」

私にはRの姿も見えないし、声も聞こえない。
でもSさんが作って話しているとはどうしても思えませんでした。
その場に行かないと分からないかもしれないけれど、
この言葉を聞いて涙が溢れました。


そのほかにもいろんなことを聞きました。
対人関係のことを聞くのに、相手の苗字と年齢ぐらいのほんの少しのことを
聞いただけで、その人の性格やら、雰囲気などなど、
驚くほどいろんなことを言い当てていました。

体の弱い部分とか、気をつけた方がいいところなどを教えてくれ、
弱いところはこうやったら改善される...というアドバイスまで。
やはり“カウンセラー”の要素も少なからずあるようです。

私の守護霊(こういう言い方はしてなかったですが。ガイド役みたいな感じで言ってました)は、
お地蔵様らしいんです!
しかも金ぴかの!
しかも一人じゃなく、7人ぐらい!
これもまた意外でした!
なんか、守護霊って、先祖とか、人のイメージだったんで...

あっという間に1時間が過ぎましたが、
いろんなお話を聞けました。
しかも、本当にお会いして良かったと思います。
霊視してくれるとともに、
いい方向へ行くためのアドバイスをしてくれる。
こういうことに頼ろうとする時って、やっぱりちょっと迷ったり、
悩んだり、弱気になっている時だと思うのですが、
そのときに自分自身でも冷静に考え直せるし、
いい意味で開き直るきっかけになると思いました。
どっちに行こうか迷ったときの後押しをしてくれる感じっていうのかな。



またRの話ですが、四十九日の前にSさんに会いに行ったのですが、
この日まで実は四十九日の供養を住職にお願いするかどうか悩んでいたんです。
でも「お経」というキーワードを聞き、
供養をお願いしました。
で、前にも記事に書きましたが、
四十九日にお経を読んでいただき、住職のお話を聞いて
ものすごく安心したというか、本当に楽になったんです。
そうしなさいって言ってくれたRに感謝です。
そして、Rの言葉を教えてくれたSさんに感謝です。

変な風に傾倒して行くつもりはありませんが、
Sさんにはまた会いに行ってしまいそうです。



スポンサーサイト
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
No.205 / And so on... /  comments(2)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY
- from るーしー -
あ、なんだかとても分かる気がします。私もおばあちゃんが亡くなった時、本当に悲しくて何度も「あぁしておけば良かった」とか後悔ばっかしてました。でもちょっと時間が経って、いい事、幸せな事が起こると「あぁおばあちゃんのおかげ」と思えるようになり、辛い時、どうしたらいいの?って思う時「おばあちゃん助けて」って空を見るようになりました。おばあちゃんの本当の声が聞きたい!と何度か思ったりもします。今は近くにいて助けてくれてるなぁとなんだか思います。
2008.03.06.Thu / 19:59 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from Uたん -
るーしーちゃん♪

そうだね。
いなくなってしまったことを嘆き悲しむよりも、
出会えたこと、いてくれたことに感謝して、
思い出を作ってくれたことを喜ばなきゃね。
2008.03.07.Fri / 00:12 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

R's Days

プロフィール

Uたん

Author:Uたん
2005年4月に念願だったうさぎとの
共同生活をスタート!!
最愛の同居兎Rはパートナー募集中の男の子です!!
美うさちゃん待ってま~す。

Rは2008年1月11日、お月様へ旅立ちました。
かわいがってくれたみなさん
ありがとうございました。
お月様からみんなの幸せを祈って
見守っています。

L

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

CopyRight 2006 An Oceanic Blue Sky All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。